日曜の独り言シリーズ 初売り

盛岡に来て2回目の初売りです。
1回目と全く同じ感想でした。

東京にいる際、決まって三越の初売りを
楽しんでおりました。
そこには殺気だった雰囲気から、
我先にお目当ての品に飛びつく光景を
目にしてきました。

商品が乗ったワゴンはいつしか、
荒らされた跡。

その時はそれが初売りと認識しておりました。

盛岡の初売りを経験して、
その概念は一変しました。

前潟のイオン。
扉が開いた瞬間、
皆さんご挨拶。
我先にでもなく、
夏のお祭りから次のイベント、初売りを、
待ちに待ったこの日を
楽しむように足を進めます。

何も競争していないです。
私はこんな雰囲気の初売りを経験できて幸せです。
盛岡に来なければ、
”殺伐”しか印象のなかった初売り。

また1年よろしくお願いしますという
店員さんの気持ちをしっかりと受け止め、
こちらこその気持ちをお返しします。

私は盛岡初売りの雰囲気が
断然好きです。

以上失礼いたしました。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

<スポンサーリンク>