東北で人気 末廣ラーメン本舗

仙台に出張に行くといつものように行列になっている末廣ラーメン。
秋田県発祥とのことで、
青森、山形、そして我が盛岡にも出店しております。東京は高田馬場にあるようです。
今回は盛岡に訪店いたしました。




店頭店内

入口をくぐると威勢の良い挨拶に迎い入れていただけました。
そう何度も来る機会はないので欲張って、
中華そば(並)+ヤキメシ1/2 セットを食券で購入。

商品
まずはヤキメシが到着。

とても香ばしい湯気が!
いい香りです。
お味は、ペッパー感すごい。香ばしさとペッパー感で
どんどん口に運んでしまいます。
続いて中華そばが到着。

濃厚な醤油

麺は細くてコシがあります。
スープは見た目通り濃厚ですが、
くせになる味わい。
カウンターには自由にトッピングできるねぎがあります。
人によってはねぎを山盛りに入れて食すパターンもあるようです。

ヤキメシも中華そばもとても濃い味でした。
※注意のどはとても乾きます!
また機会を見つけていきます!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

吉田類の酒場放浪記を追いかけて 八戸ばんや

サラリーマンの憧れ(?)吉田類さんが以前東北を
訪れた際に寄ったお店ばんやさんに行きました。




外観・入口


外から席の状況は見えませんでした。
まずは扉を開いてご挨拶。

店内
カウンターの席が運よく空いてました!
まずは豊盃から注文しました。

食事メニューは店内のボードに記載されているものと、
カウンターに並べてある鉢から選ぶようです。
飲み物とも値段の記載はありません。

料理
刺し盛を注文。
「苦手なものありますか?」「ありません!」の会話のあと、
運ばれてきました。

追加でしめさばを注文。

このあと調子に乗り、杉玉、八仙とつなげ、
雲丹と一緒にいただきました。

さすが類先輩が訪れたお店。
雰囲気も料理も大満足でした。
八戸に行く機会があればぜひ訪店をおススメします!
千鳥足でダイワロイネット八戸へ(徒歩3分)
(参考:圧倒的な安定感 ダイワロイネット八戸


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

上品な気分になれる 弘前駅前アートホテル

青森県弘前駅から徒歩1分、駅の目の前にあるアートホテルに泊まりました。
立地は最高です。

外観




結婚式にも使われるようで、
豪華なつくりです。
客室は一般的です。

部屋
寝床のコンセントは大事です。

今回宿泊して一番驚いたのが朝食です。
会場がとてもきれい。

朝食

サラリーマンらしきは1割ほど。
サラリーマン卒業された先輩夫婦がほとんどをしめておられ、
ガツガツした雰囲気は全くありませんでした。
サラダはしっかりと色のついたラインナップ。

ごちゃごちゃと置かずに、
スペースを確保した上での種類の多さ。


とても上品な気分に浸れる朝食をとることができました。
弘前に来た際には第一の候補にします!

↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

盛岡駅地下 立ち飲みも出来る えびすけでランチ

盛岡駅フェザン地下1階の通路にあります、
立呑えびすけさんでランチをしました。




夜は立呑みで千ベロメニューもあります。

お昼も魅力的なメニューです。

この日は豚生姜炒めのカレー(550円)を注文。

結構なボリュームです。
ルーは夜の煮込みの出汁を使っているかのような、
甘味と深みが感じられます。
上に乗っている豚は生姜がとても効いていて、
このルーととても合います!

夕方になると立呑み客でいっぱいになってます。
憩いの場の雰囲気がいつもうらやましく前を通ってます。
機会を見つけて次回は立呑みしてみます!

↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

久しぶり東京帰りふと思ったこと

盛岡に転勤になり間もなく1年です。

先日東京に行った際、
人とぶつからないで歩くのに、こんなに神経使うとは思いませんでした。
大勢の中で歩くスキルが落ちてます。。

京急でこんな車内放送がありました。
危険物の車内への持ち込みは法令により禁止されております
毎日乗っていると聞き飛ばしていた放送が珍しくなり
よく耳に入ってきました。

これを聞いた人で、
「うっかりダイナマイト持ち込むところだった!」や、
「禁止されてるから持ち込むのやめよ」となるのか、
何人に1人向けの放送なのか。お互い注意し合いましょうなのか。
とにかく聞きなれないとよく考えてしまいます。

新鮮に感じました。

次回また東京に行き、新たな発見があるのを楽しみにします!