日曜の独り言シリーズ 思ってた以上

今回も変わり者の独り言にお付き合いください。

テレビの食レポなどで、
「この美味しさ(辛さ、酸っぱさ・・)思ってた以上です!」
というフレーズを耳にします。

事前にどれくらいを”思って”いたのかというのは、
全く知る由もなく、
何と比較していいのやら。。
いったい何以上なんだろうと考えます。

これが日常会話で出てくるとやっかいです。
「うわっ!思ってた以上!」と言って、
こちらの相槌待ちになるシチュエーション。
顔をじっと見られます。

長い付き合いでたくさんの食事の回数を
重ねた間柄ならすんなり返事を返せますが。。

目の前の相手に、
事前に何を思ってたのかを聞くわけにもいかず、
「へぇ~」や、「ほんと?!」で
茶を濁す。

もっと広い心を持ち、
言葉本来の意味を追いかけるのではなく、
気持ちを汲んで生きていかないといけませんね。

今回も独り言失礼いたしました。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

日曜の独り言シリーズ 出し抜いてでも・・

先日東京に戻り渋谷を歩いておりました。
そこでゾッとした風景に出会いました。

おばあさんが人込みの中をかき分け、
すごい形相で歩いているではありませんか。

東京は改めて住みにくい街なんだなぁと痛感しました。
この1年半盛岡でこのような光景は
全く目にすることはありません。

思い通りのスピードで歩くことさえできず、
ラッシュの時間には出し抜いてでも、
端の席に座りたい方々。

座りたいがために決まった時間に、
決まった場所を確保し、
狭い縄張りを主張しているようです。

それはそれはイラつくことも多くなる気がします。

ただし、これも東京を離れ、
盛岡に住みだしたからこそ感じたことです。
東京にいる頃は何も目に入ってなかったですから。。

きっと戻ったら元に戻ることでしょうが、
まだしばらくは東京を外から観察していきます。

以上失礼いたしました。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

日曜の独り言シリーズ 今日は何日?

社内でのデスクワークは、
話し声、電話の音、など、
いろんな音が入ってきます。
それでも自分で集中を高め、
考え事、作成物に取り組でいる姿を
見かけます。

集中力は徐々に上がり、
高いところで維持するよう努めるものと
ある書物に書いてありました。

そんな時に不意な一言。
「今日は何日?」
先述の書物によると、
集中力は途切れると急降下。
また徐々にあげ・・・という
プロセスを踏むことになります。

そう考えると、
この不意な「今日は何日?」
自分で解決できる内容。。
話しの流れで会話に出てくるのとは違い、
わざわざのケース。

この「今日は何日?」に限らず、
自己解決できることで、
人の時間の妨げになっているようなことは、
わたし自身気をつけねばと
気づかされる瞬間でした。

以上失礼いたしました。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

日曜の独り言シリーズ コスパ

今回も変わり者の独り言にお付き合いください。

先日このようなお言葉耳にしました。
「味も良いし、雰囲気も良い。けどコスパがね」

何か違和感がありました。

先週1100円の牛丼を食べました。
それこそ味も良い、雰囲気も良かったです。
そして気持ちも、涼しい店内で体も満足に浸りました。
コスパは良いと思いました。
牛丼は380円というもの。
それを考えたら”コスパ”悪いんじゃない?
と上記の方がいたら言われそうです。

満腹になるだけの380円を3回行くより、
色々満たされる1100円を1回のが私のコスパは良いです。
費用対効果と考えるなら。

違和感の元を考えると、
この方は、費用対効果という意味でなく、
ただ”お値段”の事を仰られていることにあると感じました。

あれこれ考えず、
満足したか否かだけでいいかと思ってます。
それに対価が見合っているかを考えると難しい。

結論
コスパという言葉の乱用には注意します。

以上失礼いたしました。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

日曜の独り言シリーズ ごちそうさま

先日ある飲食店で、
「ごちそうさま!」と
威勢よく丼を下げていた方がおられました。
ところが、店員さんはそれに気づきません。
すると、更に大きい声でもう1回「ごちそうさま!」。
それでも気づかれず店内少し変な空気に。

その方は恐らく「ありがとうございました。」が
欲しかったのでしょう。
もしくは、常連感だしたかったか。
それはわかりませんが。

ごちそうさまのあと、
ありがとうございましたを待つ方1週間で数名は出会えます。

お店側の立場からすると当然気づかなければ
いけません。これは絶対。
しかし丼をすすっている側の立場からすると、
絶対ありがとうと言われなければならないかとなると
わたしはそうでもありません。

別の店でわたしが丼をカウンターにあげ帰ろうとした際、
がっつり目を合わせて「ありがとうございました!」と言われました。
軽く会釈し返しました。
当然悪い気はしません。

商売やっててありがとうもいえねぇのか!って怒る方、
言われたらラッキーくらいに思っていれば、
怒らずに済むのになぁ。

あくまで独り言です。
お許しください。