日曜の独り言シリーズ 大丈夫です

「大丈夫」という言葉面白いです。

先日社内での会話。
「お昼行く?」
「大丈夫です」
これは行かないという意味で使ってました。

ホテルのフロントでの会話。
「お車のご利用ございますか?」
「大丈夫です」
車では来ていないという意味でした。

実はわたしも最近、
「コーヒーに砂糖、ミルク使いますか?」
「大丈夫です。」
の回答をいただきました。

ん?いるの?いらないの?
なにか遠慮でもしているかのようなそぶりでした。

本来の意味が気になりました。
1.あぶなげなく安心できるさま
2.まちがいなく確かなさま

とありました。
やはり、やんわりと断るという意味ではなさそうです。

正しく日本語を使えるように
まだまだ勉強してまいります。

以上よろしくお願いいたします。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

スポンサーリンク




日本三景 松島観光

松島を旅してまいりました。
多くの人と景色を見る中で、
どうしても3.11というのは外せません。

お土産屋さんの奥様も、
「それより前の景色と・・、」
というお言葉であったり、
「津波が来たのは・・、」と
昨日のようにお話しされる姿であったり、
本当に胸が痛みます。

そんな中地元の方がとても努力されたのでしょう、
街は日本三景の風格に溢れてました。

左右に植えられている草を1つ1つ植えておられる方を
おみかけしました。

仙台空港から直通のバスに乗り約1時間で到着します。
仙台駅からは30分ほど。
まずは遊覧船に乗り海から島々を見ました。

島1つ1つの名前やその由来をガイドして頂けます。

鳥が近づいてきます。

遊覧船は1時間ほど。
続いて歩いてみました。


長い橋を渡ります。


地元の方とたくさんお話しをしました。
たくさんの人が松島を訪れることが何よりと感じました。
旅館の女将も喜んでくれます。
お土産屋さんも、かまぼこ焼いている方も。
ぜひ機会をつくり皆さんも行ってみてください。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

仙台観光 仙台市内

仙台は仕事で行くことはあっても、
観光で巡ることはありませんでした。
今回初めての挑戦です。

まずは、るーぷる仙台というバスの1日乗車券を650円で購入。
仙台の観光スポットを巡り、乗り降り自由です。

まず向かったのは瑞鳳殿。
伊達政宗公の霊屋。

階段をひたすらのぼると到着。

瑞鳳殿いやな雰囲気が全くありませんでした。
木にも気にも囲まれ不思議な気持ちよさを感じました。

るーぷる仙台は20分おきに走ってます。
土日祝は15分おき。
次は仙台城址。
ずいぶんと山をのぼります。
天守閣はないものの、
仙台の街を一望できる殿様の景色は拝むことはできます。

次に向かう予定であったのは、
大崎八幡宮。
ここで伊達政宗の一通りが完結するはずが、
眠気と雨で断念。そのまま周回して仙台駅へ。

仙台は調べればまだまだ行くところたくさんです。
時間をつくってまたチャレンジします。
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

八戸観光 蕪島神社

八戸に行くたびに一度は行ってみたいと思っていた蕪島神社。
ついに行ってきました。
八戸駅からは車で30分ほど。

ついに到着。工事してました。

ウミネコがたくさんいます。




とんでもない数です。こわいくらいです。
鳥居の正面にある休憩所に避難です。

フンが落ちてくるので傘を貸し出しておりました。
中に入るとたくさんの展示物があります。

休憩所に勤務されているお姉さんに色々話しを伺う機会がありました。
とても親切に約20分ほどお話し下さいました。感謝です。
・ウミネコとカモメの違い
・蕪島には3万~4万のウミネコがいる
・目の前のヒナは3か月前に産まれた
・なぜ蕪島にウミネコがくるようになったか
・ウミネコ同士の縄張り争い
・津波が来た時の写真
休憩所からの写真です。


最後にしおりと、ウミネコ折り紙のお守りを頂きました。

またカタログも1冊。

中をめくるとしっかりと先輩が写ってました。

すっかりお世話になりました。
また来ます。

帰り際にもう1枚。

日曜の早朝4時頃からこの付近で朝市が行われます。
そのタイミングで蕪島神社へセットでおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

日曜の独り言シリーズ グルメ

複数名で食事をしていると、
食材や料理の種類、調理方法などとても詳しい方がいらっしゃいます。

「この料理のすごいところは・・」、
「このお店の良いところは・・」と
さらに美味しくなるような説明をして頂けたりします。
とても楽しい時間になります。

一方で、調理方法にも詳しく舌も確かなのでしょう、
「この料理もっと味付けを云々・・」と、
ご自身のすごさをアピールするあまり、
今食べているものが美味しくないの?と逆調味料発言を
される方もおられます。
本人の鼻が高くなるのと反比例し、
周りの方のテンションは低くなっていきます。

何を食べるかより、
誰と食べるかが重要ということを教えてくれた一瞬でした。

ま、わたしは1人で食事をすることがほとんどで、
グルメでもないですので、
フンフンと鼻息荒く、
美味い美味い言ってる毎日です。

以上よろしくお願いいたします。


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村