盛岡ー弘前はヨーデル号で

盛岡から弘前に向かう際、
電車利用の場合、
盛岡(新幹線)⇒新青森(奥羽本線)⇒弘前
となります。
新幹線の指定席を取り、
新青森で奥羽本線に乗り換える。
この乗り換えが冬ですととても厳しい。

そこで今回はヨーデル号のご紹介。
盛岡駅西口バス乗り場から直通で弘前に行けます。

23番乗車口を目指します。
いました!ヨーデル号です。


<スポンサーリンク>




バスの席は2列×2です。
隣に他の人がいることは今まで一度もありません。
今回もこの大きいバスに乗車は4名。
コンセントもついており快適です。

1時間ほど走ったところで花輪で休憩。
ここでトイレに行ったり、体をのばしたり、リフレッシュします。

約2時間で弘前到着。

ヨーデル号冬でも走っております。

■比較
・時間
電車:1時間40分
ヨーデル:2時間10分

・値段
電車:6,260円
ヨーデル:3,000円

ヨーデル号席のまわりに人がほぼおりません。
皆さん離れて座ります。
まわりの方は全員寝ておりました。
新幹線のように周りにきを使うこともありません。

弱点は
揺れること
トイレが1時間に1回
です。

盛岡から弘前に向かう際は
ヨーデル号おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

八戸観光 朝市 種差海岸

八戸観光を調べると必ずと言っていいほど登場する有名な朝市。
ついに念願叶って訪れることができました。
それも普段一番お世話になっている社長に
案内頂きました。本当に感謝です。

日曜の朝4時から9時頃まで開いてます。
全長800mは日本最大の朝市と言われているそうです。

わたしたちが訪れたのは朝6時頃。
快晴の天気に恵まれ、すでに多くの人がおりました。
なんでも売ってます。
やはり一番多いのは海鮮系ですが、
人気があったのはシイタケ。
揚物や今が旬のほやも賑わっておりました。
皆さんがとても楽しそうにしておられるのが印象的でした。


<スポンサーリンク>




たくさんのイカ漁船。
その量に圧倒されました。

皆さん目に留まった美味しそうなものを頬張りながら、
朝一を楽しみます。
1時間ほどのツアー。
それでも朝7時。
1日をとても有効に元気に楽しくすごせる朝市です!

スポンサーリンク




次に向かったのが葦毛先展望台。
絶景でした!
遠くに蕪島を見ることができ、
空と海の景色を一望できます。

気分は最高です!

八戸駅からもそれほど遠くなく
この景色が見ることができます。

そして最後に種差海岸。
キレイな天然芝が一面に広がります。

芝の上に座りずっと海を見ていられる景色でした。
この時点で朝の7時30分です。
本当に有意義な一日です。
ぜひこのコース体験してください。
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

日曜の独り言シリーズ 大丈夫です

「大丈夫」という言葉面白いです。

先日社内での会話。
「お昼行く?」
「大丈夫です」
これは行かないという意味で使ってました。

ホテルのフロントでの会話。
「お車のご利用ございますか?」
「大丈夫です」
車では来ていないという意味でした。

実はわたしも最近、
「コーヒーに砂糖、ミルク使いますか?」
「大丈夫です。」
の回答をいただきました。

ん?いるの?いらないの?
なにか遠慮でもしているかのようなそぶりでした。

本来の意味が気になりました。
1.あぶなげなく安心できるさま
2.まちがいなく確かなさま

とありました。
やはり、やんわりと断るという意味ではなさそうです。

正しく日本語を使えるように
まだまだ勉強してまいります。

以上よろしくお願いいたします。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

スポンサーリンク




日曜の独り言シリーズ ついているか

たまに耳にする言葉。

今日はついてる、今日はついてない。

「今日はついてない!」と言っている人に
「なんで?」と聞くと
ついていない出来事を回顧し始めます。
その後もこの人は、この日ついてないことを探し、
見つけたら「ほらやっぱり!」となるのでしょう。
1日が終わりついてなかったと。

1日に限らずついてないと思っていることを
必死に記憶して毎日を過ごす、
毎日がついてない人の出来上がり。

ついてるついてないは、自分の感情のさじ加減で
いくらでもかわると思います。

本来どちらでもないのでしょう。
もしくはどちらでもあるのでしょう。

選ぶのは自分次第ですね。

以上よろしくお願いいたします。

日本三景 松島観光

松島を旅してまいりました。
多くの人と景色を見る中で、
どうしても3.11というのは外せません。

お土産屋さんの奥様も、
「それより前の景色と・・、」
というお言葉であったり、
「津波が来たのは・・、」と
昨日のようにお話しされる姿であったり、
本当に胸が痛みます。

そんな中地元の方がとても努力されたのでしょう、
街は日本三景の風格に溢れてました。

左右に植えられている草を1つ1つ植えておられる方を
おみかけしました。

仙台空港から直通のバスに乗り約1時間で到着します。
仙台駅からは30分ほど。
まずは遊覧船に乗り海から島々を見ました。

島1つ1つの名前やその由来をガイドして頂けます。

鳥が近づいてきます。

遊覧船は1時間ほど。
続いて歩いてみました。


長い橋を渡ります。


地元の方とたくさんお話しをしました。
たくさんの人が松島を訪れることが何よりと感じました。
旅館の女将も喜んでくれます。
お土産屋さんも、かまぼこ焼いている方も。
ぜひ機会をつくり皆さんも行ってみてください。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!