八戸穴場名店 絶品郷土料理 鬼門

今回の鬼門は地元の方が一緒でないととても選択肢に入れるのは
難しい場所にありました。
以前泊まったことのある
イルヴィアーレ(参考:八戸中心街 ホテルイルヴィアーレ八戸)からすぐでしたが、
泊まった時はここに名店があるなんて知る由もなかったです。




入口通路
雑居ビルの中、一番奥にあります。

中はとてもこじんまりとしており、すぐに満席になります。

商品
まずはお通し。これだけで結構飲めます!

刺身盛り合わせ
すごい迫力です!
しめ鯖はもちろんあります。アワビ、イカ、肉厚なホタテ、
ホッキ貝もモリモリ。
大好きな貝のオンパレード!

日本酒は八仙を頂きます。

吸い物
磯の香りがたまりません。

当日はまだまだたくさんの料理とお酒を頂きましたが、
接待中につき写真はこれで精一杯。。

どの料理も海鮮はとても新鮮です!
調理の味付けも絶品で、お酒はどんどん進みます。

八戸で飲む機会があればぜひ一度は行って頂きたいお店です。
東北には良いお店たくさん。
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

駅そばシリーズ 盛岡 蕎麦にはち

お昼は移動の合間、駅ナカのお蕎麦屋さんに入ることもしばしば。
東北の特徴ある各お店をご紹介いたします。

今回は盛岡駅、蕎麦にはちへ。
外観

今回は店頭にて宣伝されております、
お得なセットメニュー、ミニかき揚丼セットを注文。




食券を買い店内を眺めていると、
このお蕎麦屋さんのこだわりがかいてありました。
つなぎ2割の本格蕎麦が食べられるとのこと。

商品

お味は、
麺腰しっかりしております!
食べ応えバッチリです。
かき揚げもサクサクです。
通常駅ナカのお蕎麦屋さんとは一線を画す存在です。

フェザン地下にはお蕎麦屋さん複数ありますが、
お味の面ではこちらのにはちさん、
ゆったりと席に座りくつろぐ際は地下へと
使い分けます。

美味しいお蕎麦のにはちさんおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います



にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

駅そばシリーズ 新青森 そば処ブナの森

お昼は移動の合間、駅ナカのお蕎麦屋さんに入ることもしばしば。
東北の特徴ある各お店をご紹介いたします。

今回は東北新幹線新青森駅構内、そば処ブナの森へ。
外観

正面はよく通り過ぎておりましたが、
今回はのれんの横にある垂れ幕に惹かれました。

ほたて十万石入り?!
写真では十万石が何かわからなかったので突入です。



店内
気さくなお姉さまがお二人。
居心地よいです。

商品
駅ナカのお蕎麦屋さんです。
出てくるのは早いです。
十万石とご対面!

お蕎麦自体はお水が美味しいため、透き通った汁を楽しめます。
いよいよ十万石をひとくち。

正体はほたての形をしたかまぼこでした。中から何か出てきました!
お姉さまに聞くと、ホタテマヨネーズとのことです。
よくよく垂れ幕の文字を読んでみると、
かまぼこの品評会で受賞されたお店が青森市にあり、
帆立貝形状のかまぼこが青森名物らしく、
それをそばに入れてみました!のようです。

駅ナカのお蕎麦屋さんを利用する場合、
ただただ空腹を満たすためだけに使いがちですが、
東北の遊び心に癒されて少し幸せを頂けました。
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います



にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

仙台の回転寿司で一杯 にぎりの徳兵衛 仙台駅前店

仙台でそれほど空腹でもなく、シラフでいるのももったいない、
そんな時に見つけたのが、仙台駅前にあるにぎりの徳兵衛さん。

階段を登り2階にあります。
店内
回転寿司としては少し高級感あります。




まずはビールから(エキストラコールド)
良い泡です。見てるだけで美味しい。

メニュー

貝刺し三点盛り(石垣貝、赤貝、ほたて)を注文。

貝刺しを待つ間、ガリでビールを飲み終えておりましたので、
貝到着と同時に八海山を注文。

とても上手にナミナミに注いでくれました。
店内は落ち着いた雰囲気です。
自分のペースで進められます。

ガリと刺身と日本酒で非常に満喫できました。
仙台駅近くで素早く、少し高級な気分になれる回転寿司です。
おススメです!

↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

盛岡で二郎系? らーめんこじろう526盛岡店へ

その日は泥酔べろんべろんの状態で、
無茶な締めラーメンをするには絶好のコンディション。
らーめんこじろう526さんへ。
盛岡駅からは徒歩20分以上です。
当日私は肴町酒場(参考:本格刺身が頂ける居酒屋 肴町酒場
におりましたので、そこからは10分ほど。
フラフラと向かっておりました。

外観

券売機




20時頃でしたが先客は3名ほど。
すでに食されており私が席に着くと「ニンニク入れますか?」と。
「少し」とお答えしました。
本来ならここで、ニンニク以外の好みを伝えるしきたりのようです。

10分ほどでしょうか。待っている間に店内をプラプラとしていたのを覚えてます。
店内に自転車がありますね。

商品

さてお味は、
一口。あれ?美味しいかも?
もっと甘い味を覚悟していたためか、それほど甘くなくわたしには食べやすい。
キャベツ、もやしはよく茹ってます。
最近の優しいラーメンに体が慣れていたせいか、
この大胆なニンニクに脳がマヒして確かに美味しく感じます。
麺はぶっといですが固さはなく食べやすいです。

完食したかどうか覚えておりません。。
夜中に喉カラカラになり2度起きました。
またその時、体中からニンニクを発していたのが心地よかったです。

東北の寒さを乗り切るための、ニンニク補充の方にはおススメです!




↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村