青森煮干しラーメン 基準値に最適 長尾中華そば

青森駅降りてすぐの場所にあります、
長尾中華そば青森駅前店にお邪魔しました。

外観・メニュー
麺の太さ、スープの濃さをそれぞれ選べます。

券売機は店の外にあります。
今回は、こく煮干し中太麺を選択。

19時30分頃でした。店内は先客1名のみ。
朝・昼は外に並んでいる光景をよく目にします。
食券を出しキョロキョロタイム。
目の前に食べ方が書いてありました。




最後はスープに無料のライスを入れるようなことが書いてあります。
無料?さらにキョロキョロするとありました!
ライス無料コーナー。

5分後ラーメン到着。
店中煮干しの香りがしておりましたが、
目の前にラーメンが来てさらにその香りが増しました。

中太麺

お味は、
これまでに煮干しラーメン数回頂いてまいりました中では
驚く印象はないです。
安定したど真ん中の煮干しラーメンということでしょうか。

というのも、

駅ビルのお土産コーナーに、
長尾中華そばドーンと並んでいるのです。

まずは長尾中華そばで基準を持ち、
まるかい(参考:青森で絶品煮干しラーメン まるかい)や、
くどうラーメン(参考:青森の有名店 くどうラーメン)に行くと
より楽しいかもしれません。
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

仙台ランチ 老舗初牛たん 旨味太助

仙台出張の際は事務所から近く、
それなりに人数入れるお店に絞られておりました。
今回1人で動けるチャンスタイムがやってきたので、
以前より気になっていた牛たんに決定!
そこで地元の方におススメを聞いたところ、
利休か太助ということですので今回は太助へ。

仙台駅からは20分ほどでしょうか。

外観
雰囲気ありますね。

のれんをくぐります。ワクワクします。
1人を告げ、カウンターに座ります。
座るや否や「何枚にしますか?」。
「何枚?」急いでメニューをチラ見。

雰囲気で真ん中の「5枚で!」と注文。
時刻は14時30分、店内を見回すと、
牛たんで酒盛りされている方もおられました。
うらやましい。昼は並ぶらしいですがカウンターはわたしのみ。




注文後3分でお料理到着。早い!ひとキョロ程度で終わり。
テールスープからです。

次に麦飯。そして牛たんの順番で揃いました。
ご対面

5枚って多いですね。

さてお味は、
牛たんは炭でとても香ばしい!
塩味炭焼。噛み応えボリュームあり。
その合間に野菜漬で口内のバランスをとります。
そしてスープでリセット。ねぎがシャリシャリ。
これを繰り返し行いました。

比較対象がないので一番かどうかはわかりません。
しかし炭の香ばしさ、肉感はとても満足しました。
今後の牛たん1人旅の基準になります。
まずは仙台で牛たんの方おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

盛岡ランチ おしゃれな洋風 杜のキッチンマルシェ

盛岡駅から徒歩10分ほどにあります、
杜のキッチンマルシェさんへ。

外観
周辺のたてものとは少し雰囲気違い、目立ちます。

店頭のランチメニュー
今回はこの中から、
鶏肉のしょうが焼きに決定。

店内
カウンター席に座り鶏肉のしょうが焼きを注文。




キョロキョロタイム。
ワインや焼酎、オシャレなメニューが書いてあります。
後ろにはテーブル席もあります。
どうやら女性に人気のお店のようです。
ランチメニューは他に、
スープランチや、3つの組み合わせ丼があるようです。
スープランチって何かオシャレ。
(オシャレ=わたしにはわからない時の表現)

鶏肉のしょうが焼き到着。

見た目がとても上品です。
健康によさそうなご飯。
サラダはドレッシングがとても美味しい。
みそ汁は大好きななめこ。
小鉢2つはありがたいです。

そして鶏肉。
ポテトが添えてあります。

一口。
ビックリです!
お肉は柔らかく、タレが絶品。
馴染みあるしょうが焼きのイメージで食すと一撃でやられます。
しょうがはベースになってますが、
まろやかでもパンチがあります。
すすりたくなりました。

シェフが確かな腕の杜のキッチンマルシェ
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

八戸で鯖を満喫 サバの駅

今回も八戸中心街です。
中心街のほぼ中心にありますサバの駅にお邪魔しました。
外観

メニュー
今回は、銀鯖の串焼き、しめサバを注文。

そしてお楽しみの日本酒は十魂をチョイス。
サバの駅すぐ近くに酒蔵があるとのこと。
聞くと、ほこるやさんの裏であることが判明。
(参考:八戸市残したい建物1位 青森自慢料理ほこるやさん

日本酒到着後ホッとし、料理を待つ間は、
恒例のキョロキョロタイム。
GW中ということもあるのでしょうか、
見るからに観光客という方で埋め尽くされておりました。
さらに「カシャカシャ」と撮影の音も聞こえます。
「どれがおススメですか?」という声、
「滅多にこれないから丼2つ頼むよ」など。

まずはしめサバが到着。
非常におしゃれな器です。

続いて銀鯖の串焼きと、銀鯖というお酒。
如空の種類の1つだそうです。日本酒まで鯖のネーミング。
ナミナミです。

銀鯖の串焼き1本で全ての部位が楽しめるとのこと。
お味は、
これは旨いです!
これを食べれただけでも来たかいがあります。
適度な油の乗り、食べ心地も抜群です。

お会計を済ますとレシート一緒に
こちらを頂けます。

八戸中心街で、
銀鯖の串焼き1本おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村



青森駅前 地元の方が集う 紀文寿司

青森駅降りて正面に見えます紀文寿司さんへ。
駅構内からの風景

19時入店。
小上がりの一番いい席。
すでにカウンターはほぼ満席。
地元の方が観光客におもてなしをしている様子。
美味しいお刺身は自慢のようです。

まずは刺身盛り合わせを注文。
「苦手なものありますかぁ?」
「全部好きです!」の会話を経て商品登場です。
ホタテはモチもちです。




看板に書いてある通り、
地酒が多数用意されております。
豊盃だけでもたくさん種類がありました。
わたしが頼んだのはその中から、・・・覚えてない。。
とにかく豊盃と田酒を頂戴いたしました。
とても美味しい上に、お刺身との相性も抜群。

そして!
締めににぎりを注文。
(いつもとは違うアングルで)

のりの香りが実に食欲をそそります。
鉄火巻きだけで1杯いけます。
大好きなウニも、もうしぶんなし。

地元の方に愛され、お値段も手ごろ、
とても美味しいお刺身とお寿司とお酒がいただける
紀文寿司さんおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村