仙台焼き鳥 串鳥 仙台駅西口店

この日は焼き鳥を求めて駅周辺へ。
北海道札幌地区を中心に展開されております、
串鳥さんに決定。
駅からは5分ほど。

外観
(写真は朝撮影)

18時過ぎ、すでに先客で一杯です。
とても流行ってます。
生ビールから串を数本。
とてもテンポ良く商品が提供されます。
メニューも豊富。


串の大きさもちょうどよい。

クライマックスは何といっても鶏の釜めし。
固形燃料がなくなると出来上がりです。
30分ほど放置。
途中で蓋を開けてはいけません!

(残念ながら釜めしの写真がありません。。)

出来上がり後茶わんに移し食し、
途中出汁を入れて2度美味しい。
これは本当に美味しかったです。
出来上がり時間考慮し、
中盤あたりで頼むのが良いようです。

札幌、仙台にお店はたくさんできております。
串鳥さんおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

仙台ランチ 牛たん 若仙台駅東口店

仙台牛たんシリーズ。
今回は仙台駅東口にある牛たん若へ。
東口を出て徒歩6分ほど。

11時30分オープンです。
31分に到着致しました。
先客は5名。

メニュー
今までの牛たん屋さんより価格が低い。
ここは1.5人前にチャレンジです。

若大将が1枚1枚とても真剣に焼いている姿に
とても期待が膨らみます。
6分で料理到着。
1人前。

まずはスープ。
これまで仙台頂いてきたテールスープは
甘かったのですが、こちらのスープは甘くない!
しっかり味もついておりとても美味しい。
骨もなく安心して頂けました。

スープを飲んでいる途中で
残りの0.5人前のお肉も到着。

お味は、
柔らかくて香ばしい!
違いがはっきりとわかるほど美味しいです。
香ばしさの後に肉の甘味がたっぷり。
1人前でも十分な量。
1.5人前で他店の1人前のお値段。

11時50分。
すでに待っている人が10人。

この行列はうなずけます。
並んでも良い。

今のところ、
仙台の牛たん屋さんを自信持って
おススメするとすればこちらのお店です。

牛たん若
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

仙台ランチ 牛タン 司 西口名掛丁店

仙台牛タンシリーズです。
仙台駅から徒歩6分。
名掛丁に入りすぐです。

いきなりステーキと同じビルにあり、
11時過ぎると人が大勢です。

司は2階です。

特徴ある字のメニュー。
今回は牛タン定食(3枚)を注文。
店内のおしながきもこの字体で統一。

注文の際にとろろサービスを聞かれます。
有りでお願いしました。
5分ほどで到着。

スープの器が気持ち大きい気がしました。
お味は、
肉は柔らかコリコリ。

お肉の甘味が押し寄せてきます。
お肉の質の良さが感じられました。
11時30分頃。
3名、4名組のお客様が訪ねてきました。
予約もしているようです。

仙台で牛タンの選択肢として
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

仙台 利休で牛たんハンバーグ 利休東七番丁店

仙台駅の裏側(?)東口で食事処をさがしていたところ、
利休東七番丁店を発見。
以前利休で牛たんは頂いていたので、
看板を凝視しし、
この日は牛たんハンバーグにチャレンジ決定。

<スポンサーリンク>



外観
看板にはメニュー写真一覧。

中に入り1人を告げるとカウンター席へ。
老若男女問わず利用されています。

牛たんハンバーグ(デミソース)を注文。
この日はノンアルコール。残念。

お酒も充実しており、
牛たんつまみに酒盛り、
とてもうらやましかったです。。

5分ほどで到着。
とても美味しそうな焼き色です。

お味は、
焼きの香ばしさはとても伝わってきます。
お肉自体は甘い印象。
箸がスッと入っていくほど柔らかいです。

この日はこれはこれで満足なのですが、
牛たん+お酒コースに後ろ髪を引かれております。
次回チャレンジします。
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

<スポンサーリンク>



仙台駅で田酒

青森の日本酒で大人気なのが田酒。
県内外で一般人が瓶で手に入れるのは困難です。
そんな田酒が仙台駅新幹線改札内で味わうことができます。

<スポンサーリンク>



仙台新幹線中央口を入ります。
正面にニューデイズを見て左手に。
青葉亭というお土産屋さんの中に存在します!

一見、電話ボックスのような立ち飲みスペースが
あるではありませんか。
その中に堂々とと田酒がスタンバイしております。

1杯300円、青葉亭の店員さんに、
飲みたい数を伝えると、
300円で1枚のコインと交換します。
それをこの自販機に入れる仕組みです。

味わうほどの量は出てきません。
ほんの少し、気分だけでもという方
チャレンジすることをおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!