八戸観光 八戸キャニオン

八戸駅から車で22分。
八戸キャニオンと呼ばれる鉱山に行ってまいりました。

とんでもない大きさの穴です。
海抜ー170mということで、
地上で最も低い場所のようです。

石灰石を掘り起こし続けている場所です。

人の力ってすごい。
遠くにショベルカーが見えるでしょうか。
とても小さいです。
穴の大きさがわかります。

八戸は観光地もたくさんあります。
八戸キャニオンおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

<スポンサーリンク>



盛岡ランチ 海鮮酒場さかえ

大通の終盤、松屋の向かいにあります、
海鮮酒場さかえさんへ行ってまいりました。

店の前を通った際、
ランチの大きなさかえのランチの看板を目にしたので、
狙っておりました。

居酒屋さんです。

11時30分入店でしたが、
とても賑わってました。
勢いのある挨拶で出迎えられました。
11時45分にはほぼ満席。
とても流行ってます。

注文は海鮮丼。
3分ほどで到着。
あれこれとお盆に乗ってます。

焦がし風味のお味噌汁。

海鮮丼。

青森の海鮮丼と比べてはいけないと
自分に言い聞かせ食しました。
こちらはこちらでありです。

年配の方からサラリーマンまで、
人気は日替わりと海鮮丼でした。
この2種類しかオーダーが聞こえませんでした。

この辺りでは貴重なメニューです。
居酒屋さんのランチ食したい方おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

<スポンサーリンク>



盛岡ランチ 柳家本店

盛岡で有名な柳家さん。
大通にある本店に行ってまいりました。

ラーメン屋さんであるのにビルの3階。
しかも1番奥にあります。
ここから流行らせたのであればすごい。

営業時間は10時30分~15時。
昼食は早めにとりたい私にとっては、
ありがたい開店時間です。
11時到着。
1番乗りでした。

メニュー
やはりお店により違います。
今回は10番の田舎に決定。
山菜、納豆味噌です。

2分後お鍋で田舎到着。早い。

存在は目に見えませんが、
確かな納豆の香り。

お味は、
もやしはしゃきしゃきで美味しいです。
山菜もアクセントになってます。
支店で受けた麺のモチモチ感と、
スープの濃厚さが感じられませんでした。
あっさり。
田舎という商品の特徴かもしれませんが。。

※ちなみに前回の写真

大通で柳家さんの本店を味わいたい方
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

<スポンサーリンク>



仙台締めうどん 川福(2回目)

以前国分町で夜中まで営業しているうどん屋さん
ということで訪店しておりました。
今回は20時頃におじゃましました。

〆で深夜に流行るお店?ですので、
20時はまだ空席。

改めてメニューを見てみました。
魅力的なメニューがいっぱい。

今回気になったのが明太汁。
こちらを注文。
美しい見た目です。

汁にたくさんの揚げが入ってます。

この美しいうどんを、
濃厚明太汁につけ、
お揚げと一緒に食べます。
うまくないわけない。
前回のカレーも良かったですが、
今回の明太汁も良い。

さらに重要なのがシラフでは利用せず、
ご機嫌な状態100%がまた調味料。
また利用することになるでしょう。

川福さんおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

<スポンサーリンク>



仙台モーニング BOUL’ANGE 仙台店

仙台駅から徒歩2分。
名掛丁すぐにあります、
BOUL’ANGE 仙台店へ行ってまいりました。

そばの神田の向かいです。

モーニングセットを目当てに訪店です。

店内で焼いているようです。
パンの種類も豊富。
女性客でいっぱいです。
皆さんパン好きですね。

ケーキもあります。

レジが何台もありますので、
列が出来ていても順番がすぐ回ってきました。
トーストセットを注文。

席で待ちます。
入口でパンをお土産をする方と、
奥にある店内で食す人がおります。
店内も奥行きがあり中々広いです。

4分後トーストセット到着。

朝としては十分。
オニオンスープを飲み干し、
サラダへと良い流れ。
最後にトーストをコーヒーと共にいただきます。
パンのお味がとても良い。
流行るのも頷けます。

仙台駅からすぐで朝から
美味しいパンを食べたい方おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

<スポンサーリンク>