盛岡肴町 昔ながらの洋食屋 アリスの海

盛岡肴町のちょうど真ん中あたりの2階にある
アリスの海へ、ランチをしに行きました。




肴町中央ビルと書いてありますね。
確かに中央です。2階へ。
店内は広々としております。
地元の奥様方が井戸端会議をしておられます。

魅力的なメニューがたくさんありましたが、
アリスセットを注文。

量が多いです!
40代サラリーマンは食べるのも消化するのも大変。
一皿であれこれ洋食を堪能できるのは◎。

お味も昭和に食した洋食そのもの。

昼下がりにおじゃましたので、
お客様はほとんどおらず、
ゆっくりと落ち着いた時間が流れてました。
贅沢なひとときです。

居心地もよくコスパも申し分ないアリスの海また行きます!

↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

ワンランク上の回転鮨 盛岡 清次郎フェザン店

盛岡駅東北新幹線の駅を降りて地下1階のレストラン街にあります、
清次郎フェザン店を訪店。
東北を中心に数店舗展開されております。




いつも混んでいる印象です。
1人でしたのでカウンター席へ。
隣は左右とも貴婦人が上品な雰囲気でお酒とお寿司を
楽しんでおられました。

メニューはあれこれ気になります。

今回は海苔シリーズに注目です!

お味は確かに美味しいです!
駅地下で帰る前に1杯、贅沢なお寿司で至福の時に浸れます。
また行きます!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

盛岡で焼酎を飲むなら絶対! 黒ヂョカ

東北で焼酎の品ぞろえ1番を誇る黒ヂョカさんへ。
大通りをひたすら進みビルの4階にあります。




ビルの入り口にお店の案内が出ております。

エレベーターで4階へ。
とびらが開くと、
大量の焼酎がお出迎えしてくれます。

店内は広々としており、
おしゃれな雰囲気です。
そして何より店長さんの人柄が素晴らしいのです。

その日の気分や、
普段どんな焼酎を飲んでるか、
焼酎とおつまみの相性、
どれをお伝えしてもピッタリの焼酎を提案してくれます。

店長さんの焼酎への思い入れを
さわやかに、あつく語って頂けます。
美味しく深みある焼酎をいただけます!


↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います

盛岡初の担々麺販売店 600円ランチ龍月館

盛岡城跡から大通りへ向かう途中
ランチできるお店を探していると、
ランチメニューの看板が目に入ってきました。





このビルの2階にある龍月館へ。
エレベーターで2階にあがると、
通路の奥にそれらしき店が。

11時40分くらいでしたが、
カウンターに先客が4名。
オーダーは下の看板で見たラーメンセット。
ミニどんぶりを選べるとのことでチャーハンを注文。

料理を待つ間店内を観察していると、
このようなポスターがありました。

まだ盛岡で担々麺が知られていないとき、
売り出して人気となったという内容です。
ランチに気を奪われてましたが、
あれこれ魅力的なメニューがありそうです。


それほどまつことなく出来上がり。
見た目はよくある半ちゃんラーメン。
ラーメンのスープがアツアツでとても美味しい!
醤油ラーメンですと何か物足りなく、
コショウやお酢を入れてしまうのですが、
濃すぎず、薄すぎず、絶妙でしたので最後まで何も入れず美味しくいただきました。

大通りに出てしまうとランチも少し値があがる印象ですので、
少しわきにある600円ランチはとてもうれしい。
次回は元祖にチャレンジしてみます!

↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います




盛岡穴場600円ランチ 鹿鳴館(ろくめいかん)

盛岡中央通りにある鹿鳴館さんへ。


店頭には「日替ランチ」の登りと、
ドアには「日替定食」の貼り紙があります。

中に入ると靴を脱ぎ、カウンターと座敷にわかれております。

11時40分まだ誰もおりません。
気さくなママと娘さん(?)がいつもお二人で切り盛りされております。
12時を過ぎるとサラリーマンで混みます。

メニューは日替わりの1種類ですので、
注文せずただ座って待っているとお料理が運ばれてきます。
待っている間、コーヒーはセルフでご自由に。

数分で到着。
ここはいつ来てもこの器の多さに感激します。
あれこれお盆に乗って600円はとても安く感じます。
お料理も美味しい。
東北の寒さも気持ちから温まります。

雰囲気、料理の内容、お値段と、
おススメのお店です!

↑ 東北と私を応援してくれる方1日1回クリックお願います