八戸 締めラーメン 味のめん匠

八戸みろく横丁入口にあります味のめん匠さんで
この日は締めを致しました。
横丁はいつも人でいっぱい。
その入口のラーメン屋さんということで、
締めで利用される方でいっぱいです。

夜10時、外のガードレールに腰掛け、
席が空くのを見計らい突入です。

注文はなぜかネギ味噌らーめん。

3分ほどで到着。

お味は、
優しい!食べやすく酔っている口にピッタリ。

ネギ味噌らーめんのチョイスも結果正解。
スープ美味しいので、
店員さんと一言二言。
出汁はもちろん煮干しでした。
煮干しと味噌の上手なコラボです。

観光客も地元の方も出入りするみろく横丁。
楽しんだ後の締めに味のめん匠さんおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

八戸 サバ らぷらざ亭

今回も八戸は中心街。
ダイワロイネット八戸の宿泊客用で頂いた
チケットを片手に訪店です。

19時頃のれんをくぐるとほぼ満席。
カウンターが1席空いており、運よく着席。
早速日本酒のメニューから、
菊駒を注文。

その他メニュー。

菊駒到着。
ホテル1品サービスのイカも。
少量ですが八戸のイカを味わえる
嬉しいサービスでした。

銀サバの刺身を追加。
脂がのっていて口の中でとろけるうまさ。
辛口と一緒に至福の時。

という内容でおススメです!したかったのですが、
私より先にカウンター席についていた
関西から来られた老夫婦の話しです。

私が着席するころには1杯目の飲み物を
すでに7割ほど飲み終わっておりました。
私のイカが到着するまで15分。
その間もこちらの老夫婦の注文した品が来ない。
「まだ来ませんか?」
「確認します。」
そこから5分、特に確認の結果は告げられず。
「注文通ってなかったらいいですよ。」
「注文は入ってます。」

少し残念な思いをしました。
関西から観光で来られていたのでしょう。
あれこれ調べて楽しみに来店したのですよね。
八戸のことを嫌いにならないで頂きたいなぁと
そのやりとりを見ておりました。

結局そのお二人は料理を見ることなく、
店をあとにされてしまいました。

ちなみに私の銀サバが到着したのも、
イカから30分後でした。

繁盛されていたので中々出てこないのは
許容範囲です。
対応ってとても大事と感じた経験でした。


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

八戸ランチ イオンモール下田 ドトールで野菜

先日のイオンモール下田にてリンガーハットで
野菜を食して以来、次回はということで狙っていたドトールの野菜。

どんぶりの大きさにたっぷりの野菜。
2種類
・生ハムボレンスハム
・エビサーモン
からどちらかを選択。
その後3種類のドレッシングを選びます。
今回は、
生ハムボンレスハムと5種の野菜ドレッシングで注文。

ドリンクも選びライ麦パンとともにすぐに到着。
ドトールは早い。

お味は、
このドレッシングがとても美味しい。
野菜をこれだけモリモリ食べられるのは
とても貴重なメニュー。
たまに口に入ってくるハムは、
しょっぱくなく食べやすい。

野菜不足、価格高騰を考えると、
ベジボウルとてもおススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

盛岡ランチ めんこい横丁 小吃店

めんこい横丁まだ訪店したことのないのは
小吃店のみとなりました。
いよいよ突入です。

12時過ぎすぐに座れました。
ちなみにじゃじゃ麺で有名な1階の白龍は行列でした。

今回は、じゃじゃ麺(中)とチャーシューご飯のセットを注文。

麺を茹でるのに10分ほどかかりますとのこと。
まつこと12分。

お味は、
しょうがときゅうりと味噌を基本に、
自分好みに変化させるのが重要と、
前回の白龍で学習済み。
素早くお酢を投入。ラー油も少々。
そこそこ手馴れてきました。

行列の白龍との違いは正直わかりません・・。
チャーシューご飯はネギがおいしい。
チャーシューは甘辛い味付け。
このセットの組み合わせはありです。

じゃじゃ麺をセットで食べたい方
おススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!

青森 絶品料理 入ます亭

すごいお店に入りました。
青森の入〼亭(入ます亭)さん。
青森駅からは遠く20分ほど歩きます。
繁華街から近いです。

外観・入口

店内に入りカウンター席へ。
勝手がわからず座ろうとしたところ、
女将さんから「お任せコースでよろしいですか?」の質問。
店内キョロキョロすると、
お任せコースの文字を発見。
「はい、それでお願いします。」

メニュー・店内
カウンターの後ろに小上がりあり宴会できます。
カウンターの上には食材がドカッと乗ってます。


そうこうしているうちに、
コースが運ばれてきました。
まずは小鉢3種。
これがビールと合いました。
ほやもおいしい。

次にお刺身。
度肝を抜かれるとはこのことでしょうか。
その美味しさにびっくりしました。

うに、牡蠣、イカメンチ。
牡蠣とレモン絶妙。
料理がとまりません。
予備知識なしでしたので、
いつまで出てくるのか、
ドキドキワクワクです。
田酒(大)の2合を頼みました。



もう十分すぎるくらい出てきました。
お新香で一休み。

更に大将直々にもつ煮とほたてが登場。
もつ煮のおつゆがトロトロでうまい。

これで最後ですと女将とともに煮物。
これがホッとするお味。

日本酒飲めれば良いかなという軽い気持ちでの入店でした。
それが最後には過去に例のないほどの衝撃をもらい、
店をあとにすることになりました。

入ます亭最高級におススメです!


↑ 東北と私を応援してくれる方クリックお願います!
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
↑こちらもお願いします!